水素と美容

水素と美容

医学の世界で注目され研究が進む水素(H2)。

 

老化や病気を呼ぶ悪玉活性酸素を選択的に除去することが出来る水素の抗酸化パワーは、いま美容の世界でも大きな注目を集めています。

 

水素でいつまでも若々しくキレイに。

 

水素がなぜ美容の世界で注目されているのかご紹介します。

水素が“肌荒れ”炎症を止める

乾燥する冬、女性が特に悩むのが肌荒れ。

 

目に見える皮膚炎やニキビだけでなく、肌表面のかさつきや赤みなどの原因は肌内部で起きる“小さな炎症”。

 

体の外からのストレス(紫外線・乾燥などの刺激・アレルギー物質)と体の中からのストレス(ホルモンバランス・体調・ストレス)が肌に炎症を引き起こしているのです。

 

これが繰り返されると、お肌はボロボロに。そこで水素の出番です。

 

実は最新の研究で、水素には抗酸化だけでなく“優れた抗炎症作用”があることが明らかになりました。

 

炎症の源は細胞が出す炎症性サイトカインという原因物質。

 

水素はこれを適度にストップさせ炎症を最小限におさえる働きがある事がわかったのです。

 

しかも水素はとても小さいため肌を簡単に通過します。

 

肌トラブルが起きた場所、日焼け跡などに水素水を塗ったりパックすることで、炎症がおきた場所に水素を届けて炎症をおさえ、肌トラブルを未然に回避できるかもしれません。

 

まだ研究段階ではあるもののアトピー性皮膚炎などでも、炎症の改善がみられたケースが多数報告されています。

 

水素で美白?保湿?効果に大きな期待

多くの女性を悩ませる“シミ・しわ・くすみ”は過酸化脂質とメラニン色素が主な要因。これも酸化力の強い活性酸素が関係しています。

 

もともと酸化力の強い活性酸素は、不安定な物質で何かと結合しようとする性質があり、肌の中で脂質と結合すると過酸化脂質が生まれます。

 

酸化したドロドロの脂質は周囲を巻き込み連鎖的に増加。

 

こうして肌のシミ、しわ、くすみもどんどん広がっていってしまいます。

 

また、美白の大敵・メラニン色素も活性酸素の副産物です。

 

紫外線から肌を守るために活性酸素がチロシナーゼという酵素を活性化させてメラニン色素を増加させてしまいます。

 

そして理想の肌。しっとり肌、もちもち肌を手に入れるためにも水素の力は期待されています。

 

肌が潤いを無くす一番の原因は、真皮の中のコラーゲンが酸化し硬化、肌が適性な水分を保持できなくなるためです。

 

古いコラーゲンが酸化して縮むと、これがシワをつくる原因にもなります。

 

そこで水素に注目。

 

水素は、酸化力の強い悪玉活性酸素のみに作用し、大切な肌細胞が酸化して劣化してしまうのを防いでくれるのです。

 

いま美容の分野では、水素水や水素水パック・水素浴用剤をつかって肌内部の酸化を最小限にふせぎ、若々しくキレイで自然な肌を取り戻そうという動きがあります。

 

様々なデータが医学的に実証されれば、水素が多くの女性たちに化粧品として当たり前に使われる、そんな日も近いかもしれません。

 

次へ:健康や美容に良い水素。副作用や安全性は?

水素と美容記事一覧

水素とシミ・シワ・くすみ

紫外線や化粧水に含まれる化学物質、水道水に含まれる“カルキ”などにより発生する「活性酸素」この活性酸素がシワ、シミ、くすみ、毛穴の黒ずみの原因なのはご存知でした?医学的にも証明されている“水素”のチカラは活性酸素の除去により、肌へのダメージを無害化し“美肌”や“輝肌”をつくりだします。

≫続きを読む

水素とニキビ・吹出物

ニキビは成人の90%以上が経験する一般的な肌トラブルです。ニキビの代表的な対処法は「洗顔」「薬の服用」「ビタミン剤の服用」「生活習慣の改善」などが挙げられます。そして近年、ニキビへの対処法として水素水が注目されています。以下、ニキビと水素水の最新の研究論文を基に、ニキビ治療に対する水素水の可能性をま...

≫続きを読む

水素とダイエット

水素はダイエットの味方!?水素(H2)がダイエットに良い!それって本当!?自分の体型がちょっと気になる方々には朗報!現在までに分かっている、水素水素とダイエットの最新情報をご紹介します。

≫続きを読む

水素とアンチエイジング

誰だっていつまでも“若々しく”ありたい。いまアンチエイジングの世界でも大注目の水素水と水素(H2)。その驚きのパワーとは!?

≫続きを読む

水素と女性ホルモン

女性にとって若々しさと健康を保つには、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が重要です。ここでは、女性ホルモン(エストロゲン)がなんで低下するのか?低下するとどうなるのか?また、水素水がどう女性ホルモンの正常化に役立つのかについて詳しく見ていきます。

≫続きを読む


トップ 水素の基礎知識 水素と医療 水素と美容 申し込みの流れ 申し込みフォーム